2018年4月15日日曜日

7200系最後の春

上田電鉄の7200系の引退が5月とアナウンスされ、最後の春を迎えた。今週は運用に入る日が多いようで、桜も今日が最後だという事でいつもの別所温泉界隈に向かってみた。しかし、桜と列車というテーマは定番のようで結構というか、かなり難しい。色々と構図を欲張りすぎたのもいけないのかもしれないが、折角の7200系のカットを無駄に埋没させてしまった。

上田電鉄 舞田
α77+KONICA MINOLTA17-35F2.8-4(D)

かつては東急7000系と共に地方私鉄譲渡車の定番車であったが、VVVFインバーターを搭載した車両の譲渡が始まり活躍の場がどんどん狭まってきていた。桜舞い散る舞田駅を後にする姿に、地方私鉄の車両の、ひとつの時代の幕引きを感じた。

上田電鉄 舞田
α77+KONICA MINOLTA17-35F2.8-4(D)

7200系が去り、静まり帰った舞田駅。ホームの照明に桜が照らされて浮かび上がった。空には星が瞬き出した。ここは、住宅街の傍のような駅であるが、山の端と星空が綺麗な場所である。


上田電鉄 八木沢
α77+KONICA MINOLTA17-35F2.8-4(D)

八木沢駅を発車する上田行列車。7200系から任を受け継いだVVVFインバーター搭載の東急譲渡車が次の世代を担う。最初、だいぶ都会的な印象に感じられたこの車両たちも、塩田平を走りはじめてから年月が経過し、この景色に腰を据えた貫禄を出してきた。





2018年4月12日木曜日

長野電鉄は花盛り

今年の長野の桜は10日ほど早く咲いた。昨年、初めて春の長野電鉄に来た時には、4月12日の時点で長野市内はまだ咲き始めと行ったところで、次の休みの4月20日では、信州中の界隈で見頃、長野市内では葉桜になりかけていた所であった。その反省を踏まえて、今年は4月の16日付近に休みを合わせたのであるが、前の項で述べたとうりに東京の桜が3月26日あたりで満開と、平年より一週間ほど早く、3月31日の時点で見頃は碓氷峠の下であった。しかし、蓋を開けてみると、想像以上に開花スピードが早く、4月の3日頃には咲き始め、5日に満開となってしまった。

これには予定より10日も早く、東京の桜が満開から僅か2日で葉桜になった暖かい気候を考えると、休暇予定に合わせていたら散るのは確実。しかし不定休の休みが4月10日に来そうであったので、賭けてみた。結果、5日からは一転、寒波が入り、桜が満開の状態で長持ちしてくれており、訪れた4月9日は長野市内はギリギリ、中野界隈はちょうど見頃であった。

長野電鉄 信濃竹原−夜間瀬
α77+KONICA MINOLTA17-35F2.8-4(D)

まずは桜の開花の進行を見る為に信濃竹原のポイントへ。見事。昨年の4月20日頃の様子であった。やはり昨年と比べて10日は早いようである。ここの桜は、通常期に開花する酒類と遅咲きのものが交互に植えられているようで、通常期のものが咲き終わっても、楽しめそう。次の休みに来てみても良いかもしれない。

長野電鉄 桜沢-都住
α77+SONY 24-70 F2.8T*

取って返して村山橋。何と桜が満開のまま頑張ってくれているのに天気が、花曇り。飯縄山は隠れていたものが、頂上が姿を現してくれたものの、空がドン曇りであるので、イマイチ、桜の淡い色が空に埋もれてしまったが感ある。

長野電鉄 桜沢-都住
α77+MINOLTA 80-200 F2.8 HIGHSPEED APO

午後からは少しは晴れるかと予報をみながら期待したものの、生憎、空は黒く厚い雲に覆われていて、期待できないので桜沢の俯瞰に移動してみる。初めて来たが、非常に広い場所を見通せる場所である。沿線の桜もさることながら、果樹園のサクランボの桜も綺麗に咲いている。少し緑かかった白い花をしているのが果樹のサクラのようである。

長野電鉄 桜沢-都住
α77+SONY 24-70 F2.8T*

春爛漫の果樹園を抜けて、湯田中から1000系ゆけむりがやって来た。短いなぁと思っていたが、俯瞰地から見ると本当に短い。本家ロマンスカーをイメージすると、デフォルメされた鉄道模型のBトレインショーティのような印象である。



長野電鉄 桜沢-延徳
α77+MINOLTA 80-200 F2.8 HIGHSPEED APO

俯瞰地から降りて、桜沢の延徳より、工業団地の小川の桜がたわわに実り、はちきれんばかりの満開であった。一瞬顔を出す所を狙う。抑速ブレーキ装備車である事から、信州中野より山側での運用が多い3500系が長野からの直通で通してやって来た。

長野電鉄 桜沢-都住
α77+KONICA MINOLTA17-35F2.8-4(D)

長野市内は午後の遅い時間になれば晴れるとの予報だったが、中野市内は終始曇りの予報。そんなピンポイントに予報なんて当たるのかと思っていたら。見事。背中から浴びる長野市内からの日差しは入るが、背景の空はドン曇り。でも列車が来る一瞬の間隙で、斜光線が列車と桜を照らした。果樹の薄緑かかった白い桜はHiSE車が夕陽に照らし出された。

2018年、今年の桜の季節の撮影は、10日も速く咲いてしまって、一喜一憂したが、結果的に長電界隈が見ごろで、しなの鉄道、上田電鉄方面も見事に満開。天候が晴れたり曇ったり、まさに花曇りで困ったが。撮影する題材にことこかない休日であった。



2018年4月1日日曜日

桜前線を追いながら中山道をゆく

今年の春は早い。東京の上野公園に行ってその帰り。東京の桜は27日の水曜日が満開だったようで、わずか2日後の週末には、花見をするにはちょっと葉が出てしまったような印象だった。それでも上野公園の名物の花見酒宴は盛況で、まだ出社もしてないような新入社員と思しき姿も見えた。

さて、投泊して翌31日は、桜前線を追いながら長野へ戻ってみた。中山道を国道17号から18号へ折れて、安中〜松井田界隈が桜の満開見頃か。どこに桜があったかロケハンしながら移動してみたら、信越化学の工場傍に、良さそうな場所に桜があったので1枚。線路バックの丘陵の稜線が一面桜という、好ポイントを見つけたりもしたのであるが、光線が午前の早い時間だったり、午後だったり、通りすがりの撮影ではなかなかうまく行かないものである。


信越本線 松井田ー磯部
α77+MINOLTA 80-200 F2.8 HIGHSPEED APO 

115系の引退に湧いた高崎であるが、211系が主力となった春を迎えた。長年に渡り散々高崎線で見た車両であるし、外観も変わらないので、特別な感慨もある訳ではないが、妙義山をバックに桜の中を抜けて来る姿に、ようやく次の居場所に落ち着いた様子を感じられた。本来なら、もっと早く主力になってもよかったのであろうが、休車扱になったりしながら、ようやく高崎支社北部の主力となった。その分、長く115系が活躍できたという事であるが。

しなの鉄道 中軽井沢ー軽井沢
α77+SONY24-70F2.8T*

碓氷峠を登って軽井沢。桜が満開だった標高350米程の松井田界隈から、標高950米程のここまで一気に標高が上がると、まだ冬の様相である。事実、桜も例年4月末であるから、進んでいる今年も4月20日過ぎではないだろうか。それでも浅間山の雪もだいぶ解けたようで、冬景色の浅間山というイメージからはだいぶ茶色い印象となった。しかし、天気が良いというか、陽気が良いというか、上着の要らない気温で、列車を待っている間に、路傍の石に座っていると、ついウトウトしてしまい、列車通過寸前となってしまった。信州でも最も寒いエリアの部類に入る軽井沢にも確実に春が近づいている。

しなの鉄道 御代田ー平原

α77+SONY24-70F2.8T*


東京の桜が7日程早かったので、信州の桜の見頃は4月15日前後だろうか。休みの都合と、天気と、列車となかなか都合を合わせてくれないものであるが、茶色一色だった信濃の山が一斉に芽吹くのが楽しみである。


2018年3月12日月曜日

季節はずれの海水浴場にて

3月になって流石の長野も春めいてきた。まだまだ、新潟との県境をなす妙高などでは雪が降る日もあるが、流石に今年の1月の大寒波の雪とは全く違う、春めいた雪である。少々、仕事に余裕があったので、今回は何処へ行こうか迷ったのであるが、海が見たくなり、足を延ばして新潟まで出てみた。自分が新潟の海に行くときは、何故か海水浴シーズンではなく、もの寂しい季節が多いのであるが。


信越本線 鯨波〜青梅川
α77+MINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO

札幌からの貨物列車に間に合うように、鯨波のS字にやってきたのだが、盛大にピントを外すというポカをやらかしてしまう。ここの所、ピンが動いてしまう事案が多発しているので、何か対策をせねばと考えてはいるのだが、神経質になりすぎるのもいけないらしい。
そんな事を考えていると、115系の湘南色がやってきた。E129系の大量投入で風前の灯火。高崎地区では引退が大きなニュースになったが、新潟ではまだ運用があるようである。昨年の春の予想では、昨年中にでもなくなりそうな予感がしていたのであるが、まだ現役で居てくれている。最後だからか、色々なリバイバルカラーの特別色が増えたが、今日、直江津行きとして、やってきたのは湘南色。


信越本線 青梅川〜鯨波
α77+MINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO

そして、自分はそのノッペリとした顔つきから「能面」と呼んでいるE129系。どことなく第1期の新潟色を連想させるカラーリングの車両であるが、腰部がスッキリしすぎているためか、見慣れないためか、シックリ来ない感がある。登場から1年が過ぎ、いい加減「新潟の電車」という存在感は感じるようになってきたようではある。雪もなく、針葉樹も灰色かかるモノトーンの景色に、短編成ばかりとなってしまった信越本線に一層の切なさが募る。



信越本線 米山
α77+MINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO

この区間の日中の貨物は少ない。午前中に失敗した札幌からの上り4060レの後は、下りの広島からの3097レである。これは黒井から繋ぐのか、特殊なコンテナが多い、ツゥ好みの列車であるが、米山の俯瞰から撮ってみる。
しかし、本当に寂しい海である。スッキリしないモヤった空に、フワーッと吹き付ける波しぶきがかかる。真冬のように盛大に荒れていないというのも、別の意味で寂しさを誘うのか。
90年代。高校教師というドラマのラストシーンにこの界隈が使われたが、薄っすらと降る雪とスッキリしない天気。3月の米山とか鯨波の海には、もの悲しい中にも、何故か引きつけられるものがある。



信越本線 上下浜
α77+MINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO

直江津に行ったはずの115系が帰ってくるはずだと思って、下りの普通列車は構えていたのであるが、来る列車、来る列車、能面ばかりである。そして、直江津方面に向かっても能面が上ってゆく。日も傾いて来た事だしこのあたりで撮り納めとする。
ちなみにここは、真横を北陸自動車道が走っているのであるが、自動車から見ると美しい桜並木が続いている箇所なのだが、鉄道側は鉄道防風林のようで、桜並木では無いようであるが、、、長野から新潟は近いようで遠い。次は桜の季節か、それこそ盛夏の海水浴シーズンに来たいものであるが。




余談
今回は、帰りに長野にタッチダウンして、泊して長野の街をプラプラ歩いて見た。近いと意外と行かないものであるが、門前町の県庁所在地というのもちょっと変わった雰囲気である。しかし、何故、新潟の翌日に晴れる。思わず新潟にバックしたくなってしまった、、、。


2018年2月15日木曜日

再びロマンスカーを追って

今月は時間があったので、長電で、またロマンスカーを追ってみた。いや、実はロマンスカーに絞って撮ったつもりはなかったのであるが、2100系スノーモンキーは特に苦手な題材のようで、気持ちの問題なのかどうも上手くいかなく撮ったショットのほとんどが没だったり情景的に微妙だったりした結果だった。また、各駅停車列車もそこそこ撮ったのであるが、いずれそれらも集中して、お題にして撮影しようかと思いながら、今回も2000系ゆけむりのショットを中心に。

長野電鉄 市役所前-本郷
α77+NINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO

前回と同じ場所のようであるが、より地下から飛び出して来る感じのあるショットを。前回撮った踏切から少々長野よりに行った所の道端から撮る。こうして見ると本家のロマンスカーから比べると、異常なデフォルメ感があって、相当に短いんだなぁと思うが、それでも、タンタン、タンタンと、連接車独特のジョイント音をしっかり響かせながら勾配を上ってきた。

長野電鉄 小布施
α77+NINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO


小布施に入ってゆく2000系ゆけむり。8500系の普通列車と交換する。展望室には外国人観光客の姿が見えるが、駅ホームにも大勢の外国人観光客の姿が。湯田中着17時台と宿泊に丁度良い時間だからだろうか、小布施の街を観光してきた旅客の姿が沢山見えた。昨今の観光地に居がちな東洋系の方だけでなく、西洋系の方の姿の人の方が目立つのもこの界隈の特徴。駅の窓口氏や乗務員の対応も、ぎこち無いながらも手慣れている感じである。

「流行は5年と続かない。」という長野の観光地の格言があるが、今のこの界隈は外国人観光客で溢れている。


長野電鉄 本郷
α77+NINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO

写真数が少ないようで、実はあちこち回っているうちに、今回は日が暮れてしまった。市街地まで戻ってくると、湯田中まで足を伸ばしていた特急の最終列車も長野市内へと戻って来た。一日中追っていたが、この編成も湯田中まで3往復。相棒は2100系スノーモンキーであるが、こちらも長野から湯田中まで3往復している。

長野に着いたら後は、停車駅の多い信州中野止まりのB特急として折り返して、須坂の車庫に戻る運用である。朝も須坂から出庫して、それぞれ1往復が区間運転のB特急となる。その他休日には、「ゆけむり〜のんびり号」として走る2000系(HiSE)編成がもう1本加わる。ちなみに特急車両は2000系、2100系それぞれ2本ずつ、計4本を所有している。地方私鉄としては特急しかも有料特急の運転本数は結構多い方である。

長野電鉄 小布施

α77+NINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO

今回のおまけ的普通列車は8500系。東京で見慣れていたはずなのに、地下線主体で走っていた車両でも没個性的だからか、アクの強い顔をしているマッコウクジラこと3500系と比べると、何となく影が薄い。

撮影場所は、村山橋の須坂側にある鉄道公園のようになっている空き地。西側の村山橋方向を撮るのが有名な場所であるが、東側は須坂の街並みが、ググっと広がっている。村山橋を渡ってきた列車が、市街地方面へと下ってゆく。奥に見えるのは村山駅。交換列車が待っている。交換と聞いて、対向列車の位置がおかしい事に気付いた方居るだろうか。右側通行で交換している。

前の写真を見てもらうと小布施駅も逆になっている。最初は、ワンマン車の運転士側にホームが来るようにとの配慮かと思っていたのであるが、構内踏切の位置によっては発車列車が支障して時間ギリギリに乗ろうとすると列車に乗れなくなる事を防ぐための措置のようである。他には、信濃竹原、小布施と、これまで撮影した駅ばかりだったので、全線が右側通行かと勘違いしてしまった。知らないと、思わぬ方向に列車がポイントを渡ってしまうので、ドキっとしてしまうのである。

季節はまだまだ寒いながら、少しずつ景色は春へと移ろいでいる。そろそろ、早春の景色を探しに行きたいものである。



2018年2月14日水曜日

オリオン座の下で



上田電鉄 八木沢-舞田
α77+MINOLTA17-35F2.8-4D (比較明合成)

信州、とかく上田の冬は寒い。今年は寒波の勢いが強く、日本海側で豪雪の日は良く晴れて、そして良く冷える。冬晴れの高地は星が綺麗というが、市街地の至近の塩田平では街明かりに照らされてしまうが、それでも大都会で見るより多くの星が空を飾っている。オリオン座の下でじっと寒さにこらえて列車を待つ。寒いとはいえもう2月も中旬、19時という時間の割にはオリオン座はだいぶ高い位置に上っている。この場所は構図としてほぼ真南。調べてみたらオリオン座がはほぼ南中に近い位置のようである。もうすぐ見えなくなるのだろうか、やはり、冬はもう終盤、春が近づいているようである。

八木沢の踏切付近の夜は銀河鉄道のような雰囲気で好きは場所なのであるが、構図を左に振ると、塩田平や、上田市街地の夜景が丘陵地に張り付いて見える。舞田の駅ごしにまだ灯の付いている精密機器の工場だろうか、そして丸子の方へ抜ける峠というには丘陵地になっている鞍部が光って見えている。気温はマイナス10度近いのであろうか、ピリピリとした寒さの塩田平を、温泉客の送迎も通勤客の帰宅も終えた列車が静かに市街地へと戻って行った。

上田電鉄 舞田
α77+SONY24-70F2.8T*




2018年2月3日土曜日

雪を被った塩田平



昨日は上田でもまとまった雪が降った。この地方の雪は、関東で降る雪とどことなく似ていて、周囲を真っ白にして、埋めてしまうというより、少し溶けて地面が露出して、寒さで氷結するというか、独特の雰囲気である。


上田電鉄 八木沢-別所温泉
α77+SONY24-70F2.8T*

八木沢から別所温泉へ上ってくる所は、安全のため仕方ないのだろうが架線柱が真新しく太くなっているが、それでも、線路と道路の間に柵がなく、警報機のない踏切があったりして、地方私鉄の雰囲気が残る場所。雪を被った上田の市街地をバックに、別所温泉への坂道を電車が上って来た。


上田電鉄 舞田-八木沢
α77+SONY24-70F2.8T*

雪が降ったものの、気温は先週の寒波ほどでもなかった。ワンコも日が暮れる前に午後の散歩。雪に埋もれた道端の臭いを気にしながら凍った道をトコトコと歩いてゆく。犬は寒くても元気である。


上田電鉄 中塩田
α77+SONY24-70F2.8T*

中塩田は別所温泉や八木原と共に、擬洋風建築の駅舎が残る。かつては交換駅だったのか、タブレット装置が置いてあっただろう、信号扱い施設の張り出した出窓が目立つ。今は保線基地を除いて簡略化されてしまったが、うねる線路が往時を物語る。


上田電鉄 下之郷
α77+SONY24-70F2.8T*

下之郷は、車庫立地の駅であるが、信濃二宮、生島足島神社の門前町。駅から神社までは歩いてすぐである。神社そのものも、ちょっと今風に言うとアニメチックで朱塗りの派手な神社なのであるが、駅も神社に合わせて朱色を使った派手なカラーリング。この雰囲気には「さなだドリーム」が似合うだろうか。

今年も良い事がありますように。