2018年1月14日日曜日

雪晴れの長野電鉄へ

寒波に襲われた、2018年1月11日は信越本線の三条市界隈で列車の立ち往生が起こるなど、被害がニュースを賑わせたが、長野市周辺は比較的晴れ模様。中野界隈は雪が積もって、雪晴れになっているだろうと思って出かけてみたが。思ったほどの積雪ではなかった。

 長野電鉄 朝陽-附属中学前
α77+SONY24-70F2.8T*

長野市内泊から出発し、市街地から最初に開けたポイントに出る地点。山岳特有の朝。街並みは明るくなりつつあっても、太陽はようやく背後の山から顔を出したばかり。一緒になった地元の方に聞くと飯綱山が綺麗に姿を現すのは多くないとの事でラッキーであった。
まだ特急列車は須坂〜長野と朝の上り列車の送り込みをしている最中で早朝の長野出発はない。

余談:背景後ろのフェンス。そして線路傍のジープの廃車体。「如何なる場合も立ち入り禁止」の看板が問題の根の深さを感じる。あそこまで前進すると本当に迫力あるカットになるのであるが。叶わない。事情を知るよしもないが、どちらが悪い云々。背景として気になった方には一考いただきたいカットである。


長野電鉄 都住-桜沢
α77+SONY24-70F2.8T*

昨年の脱線事故が痛ましかった、桜沢のポイント。背景が飯綱山となる、ここへ来るためにわざわざ予定を調整したようなものだったが、ここは東側の山が接近していて、長野市内に比べて更に日の出が遅く、その間に飯綱山は徐々に霞んできた。田圃にカリカリに積もった霜が夜の寒冷さを物語っている。


長野電鉄 夜間瀬-上条
α77+MINOLTA 80-200F2.8HIGHSPEED APO

どうも元JR東日本の253系N'EXを使った2100系特急スノーモンキーは苦手な題材。シティ派の列車が自然と溶け込むカットというものはなかなか難しい。左の木々はりんごの木。収穫前のりんごが木に下がっている時がこの界隈の良い時かもしれないが、背景の少し雪のついた山肌を圧縮して撮ってみた。


長野電鉄 信濃竹原-夜間瀬
α77+SONY24-70F2.8T*
毎度。自分の定番の信濃竹原の鉄橋。四季折々、色々な姿を現してくれるが、今日は積雪は少ないものの雪晴れっぽい天気となってくれた。丁度お昼頃。南西の空の飯綱山は既に雪雲の中であった。
この日は検査の関係か、定期の「ゆけむり」は「スノーモンキー」が代走していたが、わざと低速で走って景色を楽しむ「ゆけむり〜のんびり号」には1000系が充当されていた。そもそも、展望付きでなければスポイルされてしまう企画であるが。特急車は、それぞれ、2編成ずつ、4編成を持っていて余裕があるので、検査時は特殊な運用になるようだ。


長野電鉄 夜間瀬-信濃竹原
α77+MINOLTA 80-200F2.8HIGHSPEED APO

雲行きも怪しくなってきたので、湯田中へ向かって行った「ゆけむり〜のんびり号」の折り返しを、信濃竹原の鉄橋で超定番カットで撮る。
やっぱり、特急としてのステイタスと存在感は、小田急時代と比べると短くなっているものの、それでも「ロマンスカー」HiSEタイプの10000系ゆけむりの方が1枚上の気がする。登場から12年経って、だいぶ長野の自然にも馴染んだ感がある。



14時前に撤収となったので、蕎麦屋に寄って帰る事になった。大抵は須坂界隈の蕎麦屋に寄るのであるが、14時閉店の店が多い中、信濃竹原で13時を回っていたので微妙。ググってみて寄ったのは中野市の「蛍 そば&dining」さん。
ランチセットは、そばと天ぷらがついて750円(税込)とは、天ぷら蕎麦となると界隈では1500円はする店が多い中、いささか安すぎて逆に不安であったが、しっかり、ちゃんと美味しい蕎麦であった。同じ値段で二八と十割が選べる。ちなみにこれは風味が生きる十割。大盛りは150円増し。若いマスターの、こだわりのお店である。



小生の方もやっと長野に慣れてきて、少しづつ休日に出歩き出したのであるが。いやぁ慣れない土地ってのは、意外と出歩きづらかった。厳しい冬が終われば、春が来る。今年は何処へ行こうか、考えるのも、冬の間の楽しみである。




2018年1月1日月曜日

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

長野にきて1年半、ここに来てようやく、地域の風土に慣れてきたといった感じです。クリエイティブな活動をしようにも、取り掛かり口がなかなか分からず、試行錯誤が続きましたが、ここに来てようやく、作風の糸口が見えて来ました。

メイン活動はYoutubeにだいぶシフトしていますが、写真などのクリエイティブな活動は追ってブログで紹介して行きたいと思います。合わせて、アマチュア無線もYoutubeと連動して、随時紹介したいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

2018年元旦
録輔


上田電鉄 舞田-八木原
α77+MINOLTA 80-200F2.8 HIGHSPEED APO






2017年12月11日月曜日

凍て付く朝、朝焼けに染まる北アルプスをバックに。


今年の冬の始まりは一気に気温が下がった感じである。長野の山はだいたい雪化粧したが、平地はまだ雪が振る事は少ない。しかしそれでも、零下5度を下回り室内でも凍る厳しい季節。

そんな中、12月9日前後は平地でもうっすらと雪が降った。雪が降った後で晴れの予報が出ていたので、イチかバチか聖高原へ行って見た。狙ったのは一瞬、常念岳が見えるポイントであるが、日の出前の一瞬、雪山が赤く光るタイミングがあるのである。

新潟は雪の国、長野は氷の国と自分は思うのであるが、新潟ではそこそこ積雪したこの日も、聖高原周辺はうっすらと積もった程度。しかし気温は低く、マイナス7度。道路は薄く積もった雪が凍ってバリバリである。列車を待つ時間が辛い。

まだ光が足りない時間、下り始発が篠ノ井に向かってゆき。石油貨物列車が通る。自分の機材では流し撮りでもしないと、ちょっと無理 。

そして、予想どうり、常念岳が赤く照らされ出した時間、E127系の4連の下り始発がやってきた。暗くてファインダーの細部が良く見えず、周囲の細い物体の処理が微妙になってしまったが。赤く照らし出された雪山バックに撮る事ができた。

このタイプのE127系は没個性的とも言われるが、意外と顔面が無骨で彫りが深いので、ステンレス車両としては面白い部類に入ると思うのであるが。

冬場は鉄道撮影スポットで雪の後の晴れと自分の休みが合うのは難しい。まだ暗いうちに起きてツルツルに凍った峠道を行くのは辛いが、もう何回か雪中撮影もしてみたいものだ。




篠ノ井線 坂北-聖高原
α77+MINOLTA 80-200 F2.8 HIGHSPEED APO





2017年11月27日月曜日

小さい秋みつけた


聖高原での稲刈り風景は、撮影機会に恵まれたが、紅葉の季節になったら、休みと紅葉の具合がイマイチ合わずであった。それでも、通勤がてら、買い物がてらに、ちょっと寄るスポットで撮影してみた。紅葉は葉色のタイミングが短く、それと光線の具合、車両の都合、全てが合致するのはなかなか難しい。そこが紅葉を撮る面白さでもあるのであるが。

北陸新幹線 佐久平ー上田 2017.Nov.11
α77+MINOLTA 80-200 F2.8 HIGHSPEED APO

東御市、昔で言う御牧村の役場付近であるが、八重原の台地の下を貫く長いトンネルから台地の谷間から一瞬顔を出す瞬間。住宅地より新幹線が下に見える面白い所であるが、終始逆光で光線に恵まれない場所。曇った一瞬、小学校の裏手から撮ってみた。







仙山線 山寺ー面白山高原 2017.Nov.12
α77+SONY 24-70 F2.8T*
久々に行った東北旅行の合間に山寺の五体堂から撮ってみる。ここも終始逆光ポイント。紅葉は若干、終わりかけているが、山寺独特の扇状地と河岸段丘を行くE721系列車。ここにもう25年近く通っているが、貨物列車はとうに無くなり、旅客列車も455系から719系を経て主力はE721系へと移った。

北陸新幹線 佐久平ー上田 2017.Nov.13
α77+MINOLTA 80-200 F2.8 HIGHSPEED APO

上田と言うと斜張橋が有名であるが、その一つ手前、依田川沿の谷でも一瞬顔を出す。このあたりは丘陵地の下をトンネルで行く区間で、丘陵を横切る川の谷の段丘崖の縁の低い位置で新幹線が街の下で顔を出す。ここは、昔で言う丸子の街並みである。



上田電鉄 八木沢ー舞田 2017.Nov.13
α77+SONY 24-70 F2.8T*

最後に別所温泉に向かいがてらのポイント。本当は午前向きのポイントなのだろうが、夕刻、別所温泉の外湯に入りに行く際に寄る場合が多く、光線としては流し撮り向けのシビアな時が多い所でもある。山の端に日が隠れた一瞬。日本の田舎っぽい風景が現れた。ちなみに左の山に面した丘の街が別所温泉の街並みである。




2017年10月22日日曜日

RF/SQLが同じ軸に付いている機種は意図しないRFゲイン動作に注意





長野に来て1年半あまり、なかなか移動運用をしている時間がなかったりしていたのであるが、先日、10月21日(土)の夜に時間が空いたので出かけてみた。場所は東京方面に思いっきり飛ぶ所として、渋峠を選んでみた。

本来は22日の日曜日に運用しようかと思っていたのであるが、生憎の台風が近づいて来るコンディションの中、22日は風雨が強くなるとの予報が出ていたので、天気が粘りそうな21日、土曜日なので、お仕事ダンプモービルが居なくなる夜を狙って出る事にした。バンドは今回は定番の430MHz、お手軽にモービルホイップとした。

さて、紅葉が綺麗な志賀高原を抜けて渋峠に着いたのは18時前、ここは気をつけないと、群馬県側に出てしまうので、文明の利器、google先生に地図を照会しながら境界線にしっかりと収まる位置に陣取った。

VFOを回してみると、この場所なら、関東の信号がドンドン入って来るはずなのであるが、あまり入って来ない。偶然、埼玉のローカル局がラグチューをしているのをキャッチしたのでブレイクを入れて交信してみる。雑談中に突然、知り合いに0から呼ばれたのでビックリした様子であったが、難なく交信できる事ができて一安心した。

実はここで事件はヒシヒシと近づいていたのであるが、多分、この時に調整でダイヤルを触ってしまったのがいけなかったようである。



さて、運用周波数を確保して、CQを出し始めるも、思ったより飛んでない様子。長野市付近を走っているモービル局と、前橋市内の局と交信するも、どうも、こちらの波はガンと飛んでいるようであるが、先方の信号が異常に弱い。出力は20W程度しか入れてないので、パワーの入れすぎと言う事はないであろうが、ここの移動地はパイルアップになるくらい呼ばれる筈である。前橋の局長さんの信号も51といえど41に近いような信号だったし、おかしい。

何しろ続けて、CQを出すも空振り。これはいよいよ何かがおかしいと、思いながらアンテナ系統を疑ってみたが、SWRは正常だし、どうも波は出ているようである。

すると先ほどの前橋の局長さんがQSPを送って来た

「先ほどから、大勢のみなさんが、呼んでますよ。」

「エッ!?」

そして

「ああああああ!!!!!!」

何とRFゲインが絞ってあった。

RFゲインをググッと戻すと、先程、51と言えどカツカツだった前橋局が59ガン振れに。これでいよいよ、機器は正常であり、1時間強ほどの時間しか取れなかったのであるが、20局を超える局と交信ができた。ありがとうございました。



振り返って原因を探ってみたのだが、持ち運びができるオールモード機はダイヤル類が削減されている関係で、一つのダイヤルに複数の機構が付いている事が多く。IC-7100においては下段はマルチコントロールになるロータリーエンコーダー、上段はアナログなAFゲイン(いわゆるボリューム)とスケルチとRFゲインが組み合わされたダイヤルになっている。

ここで問題なのは上段、外側のRF/SQLと書かれたダイヤルで、これは下段ダイヤルと違って、ファンクション設定に関係なくアナログに動作するダイヤルで、FMモードで運用する場合注意が必要。単機能型のスケルチダイヤルの機種だと、微弱信号を扱う移動運用の時はスケルチを解放して、思いっきり左に回し切ったりしてしまうのであるが、この手の機種はセンターより左に回すとRFゲインとして動作してしまい、受信感度が低下してしまう。

もちろん、RFゲインとして動作してゆくとSメーターがグングン伸びるので分かるのであるが、今回はSメーターが反応しないファジィな領域にダイヤル位置があった場合RFゲインが働いていても気付かないようである。そして微妙にでもRFゲインが働いていると、山上の移動と言えど、本当に強い局しか受信できなくなってしまうようである。

故障でなくて良かったが、山上から大恥を関東にバラ撒いてしまった。ちなみに、何故RFゲインと気づいたかと言うと、FT−817もRF/SQLが全く同じダイヤル構成となっており、同じミスを犯していたから。その時は至近をモービルで走行していたOMさんが直に来てくれ、

「FT−817はこれをやっちゃうんだよねぇ」

と教えてくれたのだが。今回は標高2000米の山上でやってしまった。ちなみに土曜夜だったので、430FMのOM諸氏が聞いていたようで、その辺は流石歴戦のOM

「あいつ、RFゲインが何か絞ってあるのか、おかしいぞ」

と気づいたらしく、携帯ツールでQSPしようとした所で、こちらで気づいたようである。

いやはや、FT−817に続いてIC-7100でもやらかしてしまった格好だが、RF/SQLが同軸に付いている機種は要注意である。














2017年10月21日土曜日

りんごを求め善光寺平へ

長野は、りんごの出荷が最盛期である。今回は渋峠に無線運用に行くついでに、はたまた無線運用が撮影のついでなのか分からないが、いよいよ紅葉が始まりつつある善光寺平へ向かってみた。

長野電鉄 夜間瀬ー上条
α77+SONY 24-70F2.8T*

行程は2日行程だったのであるが、生憎の台風が近くコンディションの中、かろうじて前日の10月21日が曇りで天気が持ってくれたので、撮影して歩いてみた。しかし、りんごは撮影が難しい。思ったより実が大きく見えるのは良かったのであるが、思ったより葉が茂っている。桜などは木の幹から車体が透けてくれたりするのであるが、りんごの木は、地表近くまでシッカリと茂っているのである。


長野電鉄 夜間瀬ー上条
α77+SONY 24-70F2.8T*

どうも幼木も上手く利用すると、面白いと言う事も分かったのであるが。だいぶ収穫が進んでいるようで、緑の葉だけになってしまっている木も多くここで成っていてくれればと思う場所も多々。10月の下旬であるが、撮影のシーズンとしては、開始としては少々出遅れたのかもしれない。当然であるが、美味しそうに赤くなると収穫されてしまう事も、りんごの撮影の難しさカナ。


長野電鉄 夜間瀬ー上条
α77+SONY 24-70F2.8T*

だんだん雲行きが怪しくなって来たので、早めに切り上げとなってしまった。10月後半で日も短くなって来たし、山間部では15時を過ぎて斜光線になったかと思うと、16時過ぎにはすぐに闇が迫って来る。ちなみに2日目は完全に風雨でNG。それでもロケハンは進めておいた。4月にも桜の季節に界隈に来ているのであるが、りんごの季節の撮影となると、だいぶ視点が変わるものである。






2017年9月29日金曜日

規則ルール以前に接客業として大切な事

ここの所、上田と埼玉の間を月に1、2度往復する生活が続いており、新幹線を利用する事が多いのであるが、モバイルSuica新幹線特急券が実質自由席料金で指定席が利用できて、繁忙期であっても、乗り継いでも同じ料金と、便利である。しかしながら、使った事ある人なら経験があるかと思うが、このシステムは詰めが甘い所が多々あり、特に在来線の改札システムと新幹線の改札システムが基本的には別なため乗り換え改札や料金で起こる弊害がいくつかある。今回はその弊害の中で初乗り残高がSuicaの電子マネーのFelica部分にチャージされていないと改札を出られないシステムについて。

上田からだと目的地に応じて、高崎、熊谷、大宮と使い分けるのであるが、この駅の中でトラブルが起こりにくいのは高崎駅。そしてトラブルが頻発するのが大宮駅。構造上、上田と高崎駅は新幹線専用改札があるので、Suicaの電子マネー残高が20円とかで初乗りを切っていても新幹線改札機はSuica残高を認識しないので、扉が開いて改札外に出られるので問題が起こらないのであるが、大宮駅は意外にも新幹線専用改札が無く、Suica残高が無いと在来線改札を通る際にエラーとなって扉が開かないのである。

そのシステムは承知で、普段から初乗りのSuica残高は残すようにしているのであるが、今回は先週、今週と2週続けて埼玉に向かったのであるが、前回の時に、うかつにも上田駅で、缶ジュースを買ってしまい、残高が20円となっていた。月末なので1000円、500円であっても不要なチャージは避けたい。オートチャージにすれば良いという意見もあろうが、不用意にそれはしたくない。セコいようだが、それは小市民なクレジットカードユーザーなら、あるあるの心理である。

そして、今回であるが、大宮駅で降りる予定だったので、まずは、朝の新幹線で大宮駅に着いて、新幹線改札は出られたものの、在来線改札でNG。女性の案内人の

「チャージしてください」

の言葉にムッとして

「いくら500円とは言え、簡単に言わないでくれよ。」

と言ったところ、窓口氏が気づいて、黙って、出場処理してくれた。

実は、これは本当はルールと違うらしいが、大宮駅ではこれが恒常化している。過去に何回か、やらかしてしまっているのであるが、何しろ急いでいるときに面倒だし先の月末クレジット決済の心理で敗北感があるので、ムッとすると、処理してくれる事がほとんどなのである。

問題は帰路に起こった。Suicaはいじってないので当然残高20円なので、西の北在来線改札に入ろうとしたら、やっぱりNG。いつものごとくムッとして改札氏に言うと。

「チャージしてくれ」

の一点張り

こちらも大抵は通してくれる事が多いので、他ではそういう処理だという事は伏せておいて、

「通してくれ」

の押し問答。

都合5分くらいであろうか

「そんなに睨まれていても、通れませんよ!」

の一言でプッチーーン!!!!!

と切れた。

「覚えてろ!」

と言い残し、南改札へ。そこでも、やはり

「チャージしてください」

の言葉が返って来たので

「ええ~~~」

と渋ると

「手動でいいですか」

との返答で、黙って処理してくれる。

これでは怒り倍増である。


実は自分が5分間ジィ~~~~っとしていた時、北口氏は、他の客の処理をしながら、やはりスマホを持って困っている青年に対応していた。彼は、在来線の旅客で、初乗りはあったらしく、ただ出場の残高が足りないらしく、現金で清算できないか?との申し出。それに対しても窓口氏は

「自分でチャージしてください。それは、ここではチャージできませんよ」

の一点張り。結局、2人でジィ~~っと北口氏を睨みながら無言の問答が続いていたのだが。数分経った段階で、スマホでチャージ操作をする時間を超えているので乗客の理屈が詰んでいるのであるが。このタイミングで似たような客が2人滞留するって事はこの窓口氏はこういう問題を起こしやすいタイプなんだなと思い出すと、尚更、腹が立ってきた。つまるところ、ルール云々以前に、私に対する

「睨まれても通れませんよ」

とか、青年に対する

「ここではチャージできませんから、自分で何とかしない限り通れませんよ」

という発言に腹が立っているのである。

「申し訳ございませんが、どうしても、そういうシステムになっておりまして、チャージにご協力願えないでしょうか」

などとお願いとして、言うのが筋であるし、それでも腹が立つというのに、あの言い草である。

これは後日、お客様相談室に事の真相を問い合わせてみた。

まずは結果としては予想道理、北口氏の対応はルールとしては正しい。しかし、では、なぜ南口は通したのかというと、慣れないお客様、急ぎのお客様、トラブル時などに全く融通が効かなくても困るので手動操作できるようになっているので、あくまでも、例外のその場の処理として通して、次回以降はチャージをお願いしているとの事。

だから、確信犯でノンチャージで通ろうとする私の行為はNGと言う事になるのだが、、、、しかしである。それならそうと、もっとトラブルが起こりにくい説明というのは無いのだろうか。たかだか最低500円のクレジット決済チャージ、しかもその場では減らないのに、何故に怒るのかと言われても、これは正規の切符を持っているのにそれを言われると、損得ではなく、問題の構造上腹が立つとしか言いようが無い。

北口氏の言い分としては、毎度毎度、勝手な理由でチャージ残高不足で通ったり、無理難題を言う旅客の対応に苦慮しているのは分かるが、鬼の首を取ったように、悪びれもせずに規則を振りかざす。そもそも運送規則上の乗車券、特急券は電子証明として持っているのだから、所定の列車の指定席に乗る権利があるのは、旅客なのである。確かにSuicaのローカルルール上はまずいが、正規の指定券を持っている旅客で、当該列車が徐々に迫っているタイミングで、その態度は、こちらも意地悪であるが、北口氏は接客業としてあってはならない悪意がある。在来線の残高不足で無言の抵抗をしていた青年がどのように出たのか、心配ではあるが、ルール云々以前に私とあの青年は北口氏の無慈悲な言い草に対する抵抗である。

まぁ、何とも後味の悪い、出来事であったが、このトラブルで、ようやく、ルールが分かったのも事実。何度も使っている私がやっと最近その辺のルールが分かった有様であるから、不慣れな旅客にしてみれば、もっと難解である。


最後にお客様相談室には、正規の新幹線の乗車券と特急券を持っている旅客に対してはSuica残高に関わらず扉を開けるような、システム改修は行えないものかと要望を出してみた。ルール云々を振りかざす前に、駅員の対応の差異による、不快な思いをさせないシステム構成にする事こそが大切であると思うのだが。ちなみに、西方の新幹線会社のシステムはそうなっているようであるが。